精密板金の中ロット量産なら株式会社協和工業 | 品質と納期対応力でお客様に貢献します

株式会社協和工業

  • お問合せ
  • メールでのお問い合わせはこちら

ごあいさつ

当社は1986年の創立以来、情報関連機器から始まり医療機器・介護機器、環境改善関連機器と、時代が求める精密板金加工の生産を続けてまいりました。

21世紀も十余年が経過し、製造業もグローバル化やIoT化の波に無縁ではいられない時代になりました。お客様の多様化する要望に的確にお応えするには、最新鋭機械の導入はもちろんですが、ソフト面の整備が重要と捉えております。

この15年に渡り磨きあげた独自の生産管理システムを社内ネットワーク化し、社員間で図面・客先要望事項・納期・製造指示・在庫などの情報を共有化し、精密板金加工特有の多品種少量・中量生産に対応してまいりました。

また、ISO9001取得時から続けております5S活動・技能資格取得・人材育成プログラムで、よりクリーンで質の高い製品をお届けしております。

情報化投資も人が主役であることを忘れずに、お客様とのコミュニケーションを大切に進めてまいりますので、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要

商号 株式会社 協和工業
所在地 〒018-0145
秋田県にかほ市象潟町字源蔵潟1番地16
TEL:0184-43-2211 FAX:0184-43-4564
設立 昭和24年5月
資本金 2,500万円
代表者 代表取締役社長 須藤茂樹
従業員数 77名(男性49名、女性28名)
業務内容 精密板金・プレス加工
情報関連機器・金融関連機器・産業装置・健康関連機器の板金部品及び筐体
施設 敷地:11,400m2
建物:3,500m2
取引先 酒井医療株式会社
JUKI株式会社
株式会社トプコン
THK株式会社
株式会社タニタ秋田
セイコーエプソン株式会社
東北エプソン株式会社

沿革

昭和24年5月 象潟町浜の田地区に協和発条製作所を設立、スプリングの製造を開始
昭和46年9月 プレス部品加工の生産開始
昭和52年4月 プレス金型及び機械部品加工の生産開始
昭和56年11月 精密板金加工部門開設に伴い、工場を中ノ沢地区に移転
昭和59年4月 アマダ製タレットパンチプレスを導入し、板金加工部門の設備を増強
昭和61年12月 名称を「株式会社 協和工業」に変更、法人組織に改組
昭和63年11月 業務拡大のため、工場を現在地に新築移転。アマダ製自動倉庫を導入
平成元年7月 資本金2,500万円に増資
平成3年5月 資材倉庫増設
平成6年1月 アンリツ製タレットパンチプレスを導入し、薄板加工を開始
平成10年2月 レーザーカット工場増築。レーザー加工機を導入
平成11年11月 アマダ製NCタレットパンチプレス入れ替え(VIPROS-Z358)
平成14年12月 アマダ製NCタレットパンチプレス入れ替え(VIPROS-Z358)
平成15年2月 販売·生産管理総合システム(スピーディー)の運用開始
平成16年4月 工場増築。トルンプ製複合機(TC-6000L)導入
平成17年5月 資材倉庫の新築と、村田機械社製自動倉庫を導入
平成18年10月 アマダ製NCプレスブレーキ(HDS-8025NT)導入
平成18年11月 トルンプ製レーザー加工機(TC-3030S)導入
平成19年3月 第2工場を新築(1296㎡)し、トルンプ製複合機(TC-6000L)を追加導入
平成20年4月 ISO9001:2000認証取得
平成21年9月 あきた環境優良事業所に認定

資格取得一覧

当社では、精密板金加工に関わる全ての加工に対応することが可能です。

資格取得者
機械板金作業 1級 9名
機械板金作業 2級 12名
機械組立仕上げ作業 2級 1名
普通旋盤作業 2級 3名
NCタレットパンチプレス板金作業 1級 1名
NCタレットパンチプレス板金作業 2級 3名
機械検査作業 1級 1名
機械検査作業 2級 2名
職業訓練指導員 6名
技術検定合格者
品質管理検定(QC検定) 2級 2名
品質管理検定(QC検定) 3級 4名
アルミニウム溶接技術検定 TN-1F 3名
ステンレス鋼溶接技能者 TN-F 5名
ガス溶接技能講習 16名
アーク溶接技能講習 8名
研削砥石の取替業務 8名
玉掛け作業技能講習 3名
フォークリフト運転技能講習 17名
クレーン運転技能員 3名
有機溶剤作業主任者 8名
プレス機械作業主任者 5名
衛生管理者 第一種 2名

交通アクセス