精密板金の中ロット量産なら株式会社協和工業 | 品質と納期対応力でお客様に貢献します

株式会社協和工業

  • お問合せ
  • メールでのお問い合わせはこちら

プレート取り付け板

プレート取り付け板
製品カテゴリ 中板板金
業界 産業機器
材質 SUS430-KD
用途 部品固定・取り付け
サイズ・板厚 250×100×60、t1.5
加工方法 ブランク、曲げ、プレス、リベット組立
説明

この精密板金は、プレート取り付け板と呼ばれる製品で、当社の様々な設備・技術を集結して製作した加工品になります。

当社が手掛ける精密板金の多くは、ブランク・曲げ・溶接の工程を経ますが、これは曲げ加工を行った後にスペーサーを圧入し、リベットAssyを行っています。精密板金において溶接を行う際には、溶接の熱による歪みに気をつけなければなりませんが、実は、この製品のように横長の精密板金については、スペーサーを圧入する際にも歪みが発生するため、注意する必要があります。

このプレート取り付け板には、スペーサーが表に4箇所、裏に4箇所、合計8箇所あり非常に多いものになっています。250×100の寸法の中に8箇所のスペーサーを圧入すれば歪んでしまうのはご想像頂けると思います。当社では、図面には公差は記載されていませんが、圧入することによって板の平面度が取れているかにも注意し加工しています。

さらに曲げ寸法においても高い精度が求められます。精度が安定していないと、リベットで締結する際に隙間が空いてしまい、ASSY品に歪み・ゆがみが出てしまいます。この点においても、協和工業では曲げ寸法精度に非常に気を遣っています。

製品紹介