精密板金の中ロット量産なら株式会社協和工業 | 品質と納期対応力でお客様に貢献します

AKITA SDGs
株式会社協和工業

  • お問合せ
  • メールでのお問い合わせはこちら

ステンレス薄板カバー(スポット溶接)

ステンレス薄板カバー(スポット溶接)
製品カテゴリ 薄板板金
業界 半導体
材質 SUS304 2B
用途 カバー
サイズ・板厚 200×100×20 t=0.5mm
加工方法 ブランク、ベンダー、スポット溶接、焼け取り
説明

このステンレス薄板カバーは、0.5mm厚のステンレスSUS304を使って精度よく仕上げた精密板金であり、非常に加工難易度が高い製品ですのでご紹介させて頂きます。

まず、スポット溶接で組み立てる場合は、位置決めが重要なので治具を使うことが多いのですが、このステンレス薄板カバーは特に精度が要求されるので、薄板にはあまり採用されないダボ出しをあえて採用し位置精度を確保しています(基本、ダボ出しは板厚の1/2以下にするので板厚が薄いとスポット溶接の作業性が下がるためあまり採用されない)。

さらに、4点構成のうち3点の部品は、本体の形状に沿う形で取り付ける必要がありますが、ダボを使うだけでは寸法が維持できないので、曲げも高精度に仕上げて組み立てています。薄板の曲げは精度ばらつきが大きく難易度が高いとされています。

従ってこの精密板金は、加工アイデア・高精度曲げ加工技術・スポット溶接技術すべてが組み合わされないと実現しないものとなります。

 

協和工業では、このような難易度の高い精密板金でも積極的に取り組み、設計どおりの形にすることも可能ですし、より作業性を向上させコスト低減に繋がるご提案を行うことも可能です(例えば今回のケースですと、板厚を考慮するとコストは下がる方向になります)。このような精密板金でお困りならぜひお気軽にご相談ください。

薄板板金

製品紹介

中板板金